電子書籍 > グループ・ゼロ > 弔鐘はるかなり3

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年05月17日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数228
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

虎籐組の麻薬供給源が香港ルートであり、千葉の東神会と一竜会が
手を組んで他のルートを統合し、香港ルートのボス・陳を狙っていることが判明する。
厚生省の取締官・藤井が捕らわれていたのを、梶が助けた。

また梶の張った罠に木島が掛かり、高崎も現れて、全てを語る。
陳の本名は佐藤といい、道江の父親だった。吉村を惨殺したのは、陳の部下なのだ。

道江を殺したのは、東神会だった。
梶は拷問した木島に虎籐組にやられたと言わせて、抗争に火をつける。
しかしなぜか、抗争は大きく広がらず、矛先は梶の方に向いてきた。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004727
ファイル名/ファイル容量
BJ004727.zip / 67.03MB (70291047Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「弔鐘はるかなり3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件