電子書籍 > グループ・ゼロ > リョオの海1

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年11月13日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数205
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

海が好きで、いつか水平線を目指すと誓ったリョオ。
暴走族とバイクで競っても、喧嘩をやっても優っている。

名家のお嬢様立原さやかが暴走族に襲われているのを助け、互いに好意を持つが、さやかの両親は大反対。
さやかには親の決めた許婚・貴之がおり、行動の自由もなかった。

またリョオに身体を張って暴走族から抜けさせてもらって、
それ以来心を寄せるもとレディースのリエが、さやかに嫉妬。
また暴走族の『デリンジャー』に戻ってしまう。

貴之は『デリンジャー』のヘッド・剣崎に、リョオの始末を頼んだ。
配下の江田たちは、リエにそそのかされてさやかを誘拐。剣崎の名を使ってリョオを呼び出した。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004603
ファイル名/ファイル容量
BJ004603.zip / 58.81MB (61669756Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「リョオの海1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件