電子書籍 > グループ・ゼロ > 昭和バンカラ派16

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年08月02日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数249
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

最終巻。

かつて金沢に進出してきた石動のために命を落とした、伝説の金沢兼六一家組長の子分たちが戻ってきた。
南部は彼の忘れ形見だったのだ。石動親子の構想は、
病床に伏した田中元首相に代わって幹事長の宮崎と大蔵大臣の武下を首相に据え、
いずれ大輝の専制政治に受け継がせること。
首都を金沢に遷都し、自衛隊の軍隊化、徴兵制を敷き、核爆弾の開発を行って大陸に進出するというものである。

その計画書の存在を知った南部は、涅槃に女装させて計画書を盗み出させた。

そして最終決戦へ。

劣勢の南部陣営には、全国の少年院を束ねる嵐山が加わり、
西部コンツェルンの香織と病床にあった筈の田中元首相まで南部の味方として現れた!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004597
ファイル名/ファイル容量
BJ004597.zip / 61.58MB (64575045Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「昭和バンカラ派16」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件