電子書籍 > グループ・ゼロ > 昭和バンカラ派14

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年08月01日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数223
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

正月に行われた耐寒マラソン。
石動の名を売る為の大会だと悟っている南部たちは、石動の優勝を阻止すべく出場。

アンカーの南部は幾多の妨害をものともせずに、石動を抜いて優勝した。
関東最大の企業・西部コンツェルンの一人娘・香織が、石動の婚約者として金沢に現れる。

香織は空手の達人で、南部に正拳突きをして強さを試したり、
さらわれようとした智子を救うなど、その行動は謎に満ちていた。

石動は新世紀同盟全国制圧決起集会を開き、全国の番長を集める。

それを探りに行ったしゃれこうべが、石動の手に落ちてしまった。
しゃれこうべの命が危ないと、南部は我を忘れて石動の屋敷に殴り込みをかける!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004595
ファイル名/ファイル容量
BJ004595.zip / 53.59MB (56193811Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「昭和バンカラ派14」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件