電子書籍 > グループ・ゼロ > 昭和バンカラ派8

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年07月28日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数217
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

夏休みで内灘海岸へ遊びに行ったバンカラ派一行。
ところがナンパした女の子たちに強姦で訴えられ、アゴ六、疾風、涅槃の三人が警察に捕まってしまう。

結局涅槃の女嫌いが決め手になり、冤罪であることが証明されたが、
全ては石動の画策で、事件が新聞にデカデカと載ってしまい、バンカラ派の信用は失墜した。

また大輝の新世紀同盟は、全国の番長組織を制圧しつつある。
石動は裏と表、両方で日本を支配するつもりなのだ。台風の中、
命の危険を冒して激流に飲まれた子供を救った南部は、バンカラ派の面目を保つが、
災害が石動建設の無軌道な開発にあると告発した新聞があった。

それは金沢民友新聞。嫌がらせをものともしない亀崎という正義感に満ちた記者がいた!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004589
ファイル名/ファイル容量
BJ004589.zip / 54.13MB (56758764Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「昭和バンカラ派8」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件