電子書籍 > グループ・ゼロ > 昭和バンカラ派7

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年07月28日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数206
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

いきなり喧嘩を売ってきた浪花番連合。
甲子園野球の応援のために全国から集まってくる応援団から‘通行税’を取っている不良どもだ。
浪番特攻隊30人を蹴散らしたバンカラ派だが、敵の総数は3000人!
バンカラ派20人は大阪からの脱出路を断たれ、窮地に陥った。

しかし南部は、正々堂々と戦いを挑み、大阪城下で激突する。
圧倒的に劣勢ななか、金沢からの応援が到着し、見物していた他校の応援団もバンカラ派に加わった。

50人の親衛隊を突破して天守閣にいる天王寺に到達した南部は、
疲れきった身体で一騎打ちを挑む。

揉み合ううちに天守閣から落下するが、南部は天王寺の身体を掴んでぶら下がった。
辛うじて助かった天王子は、負けを認め、バンカラ派に入る事を誓う。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004588
ファイル名/ファイル容量
BJ004588.zip / 53.47MB (56067250Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「昭和バンカラ派7」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件