電子書籍 > グループ・ゼロ > 昭和バンカラ派1

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年11月12日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数227
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

バンカラ道を生きるために,能登から金沢にやってきた南部修作。
早速暴走族にさらわれようとしていた美少女・矢島智子を救い、
他県からやって来た生徒の入る青雲寮まで案内してもらって一目惚れした。

同じ新入生の下脇と一丸とともに寮の先輩たちの歓迎会の洗礼を受けるが、南部は全員を叩きのめしてしまう。
すっかりワルの巣窟と化している成巽閣高校に入り、
成巽閣四鬼(番長グループ。龍崎の飛龍隊、虎田の白虎隊、熊沢の羆隊、青雲寮の十文字の外人部隊を指す)相手に
一歩も引かない豪胆さを見せ、各運動クラブの熱烈な勧誘を受けた。

だが南部は、卒業生で寮の離れに寄宿しているタワシヒゲに乞われて、
廃部していた応援部に『昭和バンカラ派』を立ち上げる。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004582
ファイル名/ファイル容量
BJ004582.zip / 76.25MB (79952419Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「昭和バンカラ派1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件