電子書籍 > グループ・ゼロ > 東京板橋マルソウ自動車教習所1

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年11月20日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数203
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

料金の安さに釣られて、丸走自動車教習所にやって来た星野。
何とオープン以来6人目の生徒だという。

ヤバイと思った時はもう遅く、マドンナ教官の夏生に惑わされて入会。
いきなり69号車に乗せられた。教官は現役暴走族の石神。教習車もバリバリにチューンナップしてある。

教習途中で仲間が喧嘩しているとの報が入ると、石神は星野に運転させて現場へ向かった。
車酔い体質で50分経つとゲロを吐いてしまう石神は、駆けつけたのがリミット。
喧嘩相手をゲロまみれにして追っ払う。

怪我の功名で星野は運転に自信がつき、免許を獲得。
いいのか、これで…?

喧嘩は強いし、運転テクも抜群。人望もあるのに車酔いのせいで族の頭になれなかった男・石神の奮戦記。
「愛と感動のみきわめ印」

以下「族あがり花の教官九人衆」「暴走教官」「一本橋の恐怖」「嵐の鎮魂歌」(前・中・後編)「注射?禁止」を収録。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004555
ファイル名/ファイル容量
BJ004555.zip / 59.81MB (62715455Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「東京板橋マルソウ自動車教習所1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件