電子書籍 > グループ・ゼロ > 影男1

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年10月23日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数469
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

暗黒街にその名を知られた『影男』。

ナチスの開発した奇跡の拳銃は、音を小さくするのではなく全く無音で銃弾を発射できる、無音拳銃。
その所有をめぐって政治家の錦城との暗闘…
そして無音拳銃による総理大臣の暗殺と、望むと望まないに拘らず、権力や金欲闘争に巻き込まれていく影男。

国宝級の仏像、ダイヤを争い、殺し合う悪人たち。
影男自身は金も権力も興味はないが、無力な庶民が悪人どもの争いに巻き込まれて無残な目に遭うことを許せない。

また影男に想いを寄せる女たちには、自分に関わると不幸になると、自ら身を引いていくのが常である。

虚無と絶望、癒し難い男の孤独を描いて、一時代を画したハードボイルド劇画の傑作。ここに復活!
「無音拳銃」
以下「暗い怒り」「暗殺魔団」「狼の葬列」を収録。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004524
ファイル名/ファイル容量
BJ004524.zip / 136.86MB (143511685Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「影男1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件