電子書籍 > グループ・ゼロ > 四角いジャングル6

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年07月21日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数382
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

アントニオ猪木と戦えば破門。
そう宣告された『熊殺し』ウイリー・ウイリアムスだったが、その前に行われた極真世界大会に出場した。

恐るべき強さで勝ち進んだウイリーは、しかし順決勝の三瓶戦で不可解な反則負けを喫する。
どうせ破門になる身なら、むきになって優勝する必要もないと考えたのか?
マスコミに煽られ、一時は極真対プロレスの全面戦争になりかけたが、新間と梶原一騎の話し合いで和解。

猪木・ウイリー戦に備え、ウイリーはタイへ、猪木はパラオへ飛んだ。
紆余曲折の後に対決は実現したが、猪木はアバラ二本を折り、
ウイリーは肘の靭帯が切れる寸前の負傷を負った激戦で痛み分けに終わる!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004509
ファイル名/ファイル容量
BJ004509.zip / 76.65MB (80371586Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「四角いジャングル6」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件