電子書籍 > グループ・ゼロ > 女帝花舞13

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年06月04日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数199
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

戦争を止めたのは、明日香!
京都ではまた明日香の評判があがった。

猪郷の価値を認識した明日香は、自分の処女を買って貰う相手‘水揚げ’を猪郷に頼む決心をする。
彩香にも会い、異存のないことを聞いた猪郷は、明日香の「衿かえ」支度一式を揃えてやった。
覚悟を決めて、猪郷の座敷に入る明日香。

しかし猪郷は明日香を抱かず、水揚げをしたことにして後見人にはなってやるが、処女は好きな男にあげなさいと諭す。
猪郷の優しさに感動し、その膝にすがって泣く明日香。
明日かは晴れて「衿かえ」し、舞妓を卒業して芸妓になった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004384
ファイル名/ファイル容量
BJ004384.zip / 52.78MB (55347503Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女帝花舞13」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件