電子書籍 > グループ・ゼロ > 女帝花舞10

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年05月31日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数199
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

謙一が謙司を連れて座敷に。
明日香に礼を言って、謙司をこれから通わせると約束した。
それを知って、怒る萩美。

康平は明日香の売春疑惑を一笑に付して、明日香を励ました。
級友を連れて祇園にやって来て、明日香を座敷に呼ぶ謙司。
しかしその上の部屋で、亀田派の府連・鈴木が、萩美に明日香を祇園から追い出す謀議を持ちかけていた…。

そんな折、日本の影のドン・猪郷精之介が祇園を訪れ、明日香を座敷に呼ぶ。
代志乃の古いなじみでもあり、明日香に興味を抱いてやって来たのだ。
猪郷は明日香を気に入り、これから通うことにする。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004381
ファイル名/ファイル容量
BJ004381.zip / 48.73MB (51102253Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女帝花舞10」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件