鈍色プラネタリウム

彼女の異常愛は、徐々に一人の青年を蝕んでいった――
鈍色プラネタリウム

出版社名 :  ジーウォーク
著者名 :  オギアラ
販売日 :  2016年12月25日
年齢指定 : 
全年齢
作品形式 : 
マンガ PDFファイル
ジャンル :  青年コミック  ヤンデレ  退廃/背徳/インモラル  監禁  調教  サスペンス  拘束


イントロダクション


少女に秘められた異常性――
彼女のは徐々に、そして確実に
一人の青年をんでいった――

夕日が照らす通学路を友人と一緒に帰っていた女子高生の優美子。
友人の誘いを断り、思い立った表情で自宅へと帰宅した由美子は地下室にある大きな鉄扉の前に立つ。
その扉を開け、中に居るカレに陽気な・・・しかし狂気的な笑みで声をかけるのだ。

「―――ただいま いい子にしてた?」

見どころ


Pixiv発、累計150万PV以上の問題作が遂にコミックで登場!

成績優秀・素行良好の俗にいうお嬢様な女子高生・優美子。
そんな彼女には、何よりも楽しみにしていることがあった。
それは、地下室に閉じ込めた両手足のない青年に逢いに行く事だった――。

やがて、彼女の行為が青年を含め多数の人間を巻き込む大事件へと発展します。

鈍色プラネタリウム サンプル画像

雅彦の姿はどんなに惨めでも、たとえ怒りの眼差しを向けられても、優美子には愛おしく思えてしまう。

鈍色プラネタリウム サンプル画像

笑顔も優しい言葉も、すべてがおかしい。ここから出たい、殺してしまおう・・・雅彦は何度も葛藤を繰り返す。

鈍色プラネタリウム サンプル画像

「好きよ」「世界で一番好き」


監禁され続け、性的な暴行を受け、暴れようものなら制裁され痛めつけられる・・・。
次第に彼の身体は、その快楽までも優美子に調教され、不本意な興奮を余儀なくされてしまいます。
身体だけではない。彼女の異常な想いと行動に青年は徐々に蝕まれていき、もとの元気な姿は跡形もなく消えてしまう。
そんな青年を前に、彼女は何を思うのか。そして、二人の結末は・・・?

女子高生・優美子が引き起こした一連の事件を彼女自身の純粋さ、その異常性を絡めながら描かれたクライム・ラブサスペンス!

本編の加筆修正のほか、カラー漫画4Pに加え、優美子の過去編、本編の未公開追加ページやエピローグなど、
多数の描き下ろしが収録されており、Pixivから知っている方も楽しめる1冊となっております!!

サンプルCG

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:10月11日

ご利用案内

ご利用可能なお支払い方法

お支払い方法について

ドコモ ケータイ払いでポイントが買える!!

JAPHICマーク

当サイトは、個人情報の適切な取り扱いをしており、安心してお買い物をお楽しみいただけます。

スマートフォン

運営サイト