「ゆうわく人妻なかだしおねだり」のレビュー一覧

2018年02月15日 正午 割引終了
ゆうわく人妻なかだしおねだり
はにぐらそふと
756円→ 378円 50%OFF / 35pt (10%還元)
となりに越してきたロリ巨乳な人妻に誘惑されて、ムッチムチの発情ボディに即ハメ中出し!
18禁同人ソフトCG集JPEGPDF同梱
  • 販売日: 2015年03月26日
  • DL : 1469
  • (878)

人妻酔わせてどうするつもり?

2017年01月10日   ぽんす さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

隣の人妻

2016年06月02日   きりまる さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

隣人である人妻との情事です。
人妻との濃厚な時間が見れます。
ヒロインはHに積極的で浮気に何の躊躇もありません。
肉質感溢れるCGで臨場感もありました。

人妻に誘われる展開が好きな方にお勧めです。
値段以上に楽しめた作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

切ない終わり方が印象に残る作品

2015年04月07日   isola さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

隣に引っ越してきた人妻に誘惑されて・・・、なんてお話なのですが、まず女性の体つきがエロい。
少し成熟したお肉の付き方がとてもいやらしいのですが、だからと言って熟女かと言うと、画像のサンプルを見てもらえば解るのですが、お顔は綺麗でむしろ体より若く見えるのでそのアンバランスさがかなりたまりません。
あと、やはりラストがとても印象に残る終わり方で、読み終わった時に少しだけ切ないけれどこういった幕の引き方もありだよな、と思わせてくれる作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

珍しい終わり方

2015年03月31日   てて さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

シチュは
・酔った人妻と
・旦那の近くで
・野外→ホテル
の3つ、少ない分1つ1つに枚数を割いてあります
旦那のことをネタに言葉責めしたりはしますが背徳感や寝取り感はそれほどでも、どちらかと言うとイチャイチャしてる印象
この手の作品ではちょっと珍しくバレもなくズルズル続くでもない終わり方をします
個人的には好印象

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!激しい一時の情事の後は、意外とあっさりとしたエンディングが。

2015年03月29日   あなはいむ さん

このレビューは参考になった x 0人

自分が管理する隣部屋に越して来た童顔巨乳人妻との不倫SEXを描いたエロCGノベルになります。
純粋なエロ絵は10枚、他にヒロインの立ち絵や旦那の絵が数枚といった構成。
差分は大体エロシーンに各1枚ずつで、表情の変化や脱衣・射精フィニッシュシーンが主となります。
テキストは主人公の青年の心理描写の他、青年やヒロインの台詞が文章として載り、プラスSEが絵に付きます。
射精フィニッシュシーンにテキストは無く、SEだけが載るのが特徴でしょうか。
テキスト付本編の他、CGのみ・PDFファイル版も収録されています。
本編ではピストン時、動作線やキャラのブレ等が付いて動きの臨場感が表現されていて、中々良い感じの絵になっているのですが、CGのみの絵は静止絵になっていて、本編でのピストン絵をCGのみで見る事ができないのがいささか残念ではあります。
ラストにはヒロインの背景無しの立ち絵が数枚付き、本編では未見の全裸Ver等も拝む事が出来ます。
ヒロインの人妻は、幼顔に巨乳かつムッチリ適度にお肉の付いた、お色気ムンムンボディが魅力の34歳。
いかにもSEXに弱そうな枯れた旦那に欲求不満だったのか、ブランデー入りの紅茶に酔った勢いのまま、不倫SEXを何度も重ねていきます。
展開的には互いに合意の元、どちらかというとヒロインの方が積極的に誘ってのSEXになります。
青年の部屋で下着姿で誘惑かつ、パンティーだけ脱ぎ捨てておま〇こを見せつけ、青年のベッドで手コキ射精→騎乗位フィニッシュ。
後日、今度は旦那がリビングに居るにも関わらず、キッチンの裏でフェラしてからの立ちバック。
行為は更にエスカレートして、外の公園の東屋で対面座位の後、ホテルにしけこんで正常位でラスト。
全て汁多め描写の射精&中だし、ヒロインも積極的に中だしを懇願してくるので、合意でのSEXがお好みの方にはかなり楽しめる内容だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:12月15日