「淫習ノ牝贄 若妻孕ませの掟」のレビュー一覧

淫習ノ牝贄 若妻孕ませの掟
屋形宗慶(作) asagiri(画) / キルタイムコミュニケーション
770円 / 21pt (3%還元)
淫風の蔓延る村と奇祭の贄となる孕み妻! ――日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第143弾!
18禁ノベルPDF体験版
  • 販売日: 2015年01月30日
  •    

オススメ!リアルドリーム文庫、久々の快作!

2015年04月16日   YAGAMI さん

このレビューは参考になった x 0人

このレーベルでは久々に強烈な作品に出会いました。単刀直入に言うと、

「孕ませ・ボテ腹・巨乳・村の因習・乱交・輪姦・熟女・ロリ・姉ショタ」

この辺りのキーワードに反応する人は、買って損はないと思います。

以下は感想です。

「外から来た若妻が、村の掟で陵辱の渦に落とされ・・・」
と、ここまでならリアル系陵辱小説によくある展開ですが、今作では中盤に転換点があり、
ある場面をきっかけに、主人公の小春が積極的に村の因習に関わるようになります。
おかげでただ暗いだけの物語にはなっておらず、淫靡ではありますが読後感は悪くないです。

Hシーンの描写は非常に濃厚。
愛する夫婦が、互いに望まぬ相手との孕ませHを祐貴子親子に強制されるところから始まり、
村の男達への奉仕SEX、少年達への性教育(主人公の新たな性癖が目覚めてしまう)、
夫と祐貴子のボテ腹Hを目撃して逆に興奮してしまう場面など、凝ったシチュが満載です。
最後は妊婦となった3人のヒロインが、村人達相手に三者三様の乱交模様を繰り広げます。

「今回は若妻の小春視点だったが、熟女・祐貴子やロリ・祐奈メインで描いたらどうなるか?」「この舞台設定を流用した新作や続編も読んでみたい」

リアル系官能小説でシリーズ化される作品は稀ですが、そんな想像をしてみたくなるほど、よく出来た作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:11月17日