「9人の妹様 第1話「牡丹」」のレビュー一覧

9人の妹様 第1話「牡丹」
澤野明 / 富士美出版
216円 / 6pt (3%還元)
実家を離れて自由を謳歌していたお兄ちゃん。「そんなことさせないぞv」と現れたのは、9人の妹様が一人「牡丹」―――
18禁マンガ専用ビューア
  • 販売日: 2014年12月05日

オススメ!久しぶりの連作

2014年12月06日   妹愛好家 さん投稿数 : 10位

このレビューは参考になった x 0人

澤野先生の数か月ぶりになる連作ものです。
妹作品に特化されている先生だけに、今まで色々なパターンの妹ちゃんを描いてこられましたが、ここまで多くのヒロインが出てくるのは初めてです。今後の展開に期待しています。
さて、一作目は黒髪ロングで丁寧語だけど押しが強い妹ちゃんとのSEXとなっています。初期のころの澤野先生の作品を読み返しますと、バストサイズに比べて乳首や乳輪が控えめだったのに対して、ここ最近はかなりサイズが大きくなってきています。
この牡丹ちゃんもその例にもれず、作中初めて胸が露わになるシーンでは、乳輪がぷっくりと盛り上がって乳首が陥没しているという、澤野先生の今までの作品には無かった描写を拝む事が出来ました。
SEXの内容としても、むちむちボディーの妹とのパイズリからの正常位でのガン攻めという王道の内容です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:11月17日