「紅の盗賊姫レイア」のレビュー一覧

紅の盗賊姫レイア
筑摩十幸(作) 助三郎(画) / キルタイムコミュニケーション
962円 / 26pt (3%還元)
公開露出の刑にかけられる囚われの少女怪盗! 肥大したクリトリスを無様に勃起させた正義の仮面少女が、破廉恥な視姦に身悶え、被虐のアクメに溺れていく!!
18禁ノベルPDF体験版
  • 販売日: 2013年11月23日
  •   

今回はふたなりメイン

2014年05月25日   とるて さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

見慣れた筑摩氏と助三郎氏のコンビで安定の絵と文かな
ふたなりメインなのでそれが苦手な人はダメかも
でもイケる人にはおすすめ
クリ開発して肥大化チ○ポです
いつもの筑摩さんです
白百合と黒薔薇とはまた違った感じですかね
相変わらずシチュエーションはマニアックなものがあります
あとは後半に少しグロテスク寄りの表現が柔らかくあるから注意かも
そんな強烈なもんじゃないと思いますが一応

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!怪盗少女に掛けられた凌辱の罠

2013年12月26日   魔矢文明 さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 1人

文も画も好みの作者さんでしたので迷わず購入しました。
著者デビュー作である「白百合の騎士」と同じ世界観のお話とあとがきにありますが、基本設定からして姫君が義賊に身をやつして国を救おうと活躍するというあたり、似通っております。
リーダーの姫と彼女をサポートするエルフとドワーフの3人のヒロインが出てきますが、敵の罠に嵌って分断され、一人ずつ処女を奪われてゆくシーンがなかなかです。二次元作品では破瓜直後からアヘりだすシーンが多いですが、本作では初めての痛みを堪えるシーンが丁寧に描かれていて好感が持てます。
しかも味方であるはずの二人が洗脳されて凌辱者に変わってしまう絶望感がたまりません。
あとはラストシーンで最後の一発逆転でハッピーエンドか、完全に堕ち切ってのバッドエンドか、どちらが好みかで本作の評価は変わってくると思いますが、本作がどちらかは…ネタばれになってしまうので、読んでみてのお楽しみとしておきましょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

改造物

2013年12月06日   ノコギリ さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :


元々はお姫様だったヒロインが復権のために盗賊となって頑張るお話です。
といっても速攻で捕まってしまうのはお約束ですが。

この作品は改造が売りでしょう。
クリが肥大化してのフタナリ化や母乳改造、口の性感改造など、ヒロインたちはそれぞれが違った性改造をされてしまいます。
高貴で強い女性が快楽に負け、浅ましいメスブタになっていく描写は非常にエロく、挿絵も好みだったので非常に満足しました。

挿絵が好みでふたなりが大丈夫な方にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:12月15日