「女捜査官催眠調教 痴女に変えられた私」のレビュー一覧

女捜査官催眠調教 痴女に変えられた私
冬野ひつじ(作) 竜胆(画) / キルタイムコミュニケーション
962円 / 26pt (3%還元)
気持ちいいセックス、もっと欲しい──催眠調教に堕ち、フェラ奉仕、痴漢、バイブオナニー、逆レイプと倒錯プレイの味を覚えた美麗捜査官は、恥辱を晒して牝へと堕ちる!
18禁ノベルPDF体験版
  • 販売日: 2011年12月18日
  •    

オススメ!いつの間にか淫靡に変わる日常

2011年12月28日   魔矢文明 さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 1人

二次元ノベルには珍しく、モンスターや異星人などが登場しない、日常が舞台の作品です。
とはいえ、現実にはあり得ないレベルの催眠能力が出てくるあたり、やはり二次元ノベル作品と言えます。
警察組織内部の、信頼していた上司から外堀を埋めるように催眠調教の罠を掛けられ、少し違和感を感じつつも自ら痴態を晒し堕ちてゆくヒロインの姿が良い感じです。
日常モードと痴女モードが場面が変わる度に切り替わるところがうまく描かれていて、なかなか面白いです。
なお、敵の催眠術師には師匠がいて、そちらの方が能力はすごいと思われるのですが、作中では軽く流しているところを見ると次作への伏線でしょうか…?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:12月15日