「陰陽生徒会 淫呪の鎖」のレビュー一覧

陰陽生徒会 淫呪の鎖
高岡智空(作) 藤岡とき(画) / キルタイムコミュニケーション
962円 / 26pt (3%還元)
美少女退魔師が堕ちる羞恥の性感調教!  口や脚、巨乳などを性感帯とされ、憎い男に肉体を淫らに調教されてゆく2人。 学園内は淫語に満ちたマニアックな陵辱痴帯に変わる。
18禁ノベルPDF体験版
  • 販売日: 2010年08月12日
  •    

みずごころ

2013年08月03日   三色産うなぎパイ さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

ちょっとだけ、チートな雰囲気が漂う作品。

陰陽師の武器がいろいろ描き出されていれば問題ないのですが、
なにかちょっと説明が欠けていた気がするのです。

そんな不満もどこへやら。
対照的な二人のヒロインが織り成す被虐劇は、
非日常をどっぷりと味わうことになっております。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

お互いを思い合いながら堕ちていく2人の美少女陰陽師

2013年07月03日   骨格機械 さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 0人

表紙の2人が美人だったので、そのままレジへ。

 陰陽師一族のうち、分家の娘で生徒会長の理央(表紙右:茶髪の子)と、本家の跡継ぎの少女で副会長の早苗(表紙左:黒髪ポニーの子)。2人は一族を裏切って学園に逃亡してきた敵の討伐を命じられるが、敵の力は強大で、敗北してしまい……という流れ。

 ヒロインの二人は、めんどくさがりで強気、スタイルがよく、攻撃専門の理央と、まじめで清楚、スタイル控えめ、サポート専門の早苗、というふうに対照的ですが、お互いを思う気持ちが強く、調教に対しても、「パートナーのためなら耐えられる」と自分を鼓舞する姿が魅力的で、それでも次第に耐えられず、心が折れていく様子が映えます。

 えちぃシーンは、敵の術で全身を性感帯に変えられたうえで、学園の生徒たちを相手にした凌辱調教ですが、大人数での派手な輪姦は少なめ。代わりに、開発されてしまった箇所を集中的に責められたり、生徒たちから失望や軽蔑の言葉を浴びせられる恥辱責めが中心。快楽でじわじわ心を削られていく様子が秀逸です。そのためか、どちらかというと挿絵も本文も、お相手の少ない前半のほうが、若干優れている印象。

2人のヒロインのうち、理央のほうが若干出番が多いです。終盤は、理央のえちぃシーンが続きますし、「早苗の跡継ぎとしてのプレッシャーを少しでも減らしてあげたい」「早苗を守りたい」「早苗もきっと耐えている」など、心理描写も厚いので、終始理央に感情移入しながら読んでいました。

派手なえちぃよりも、快楽でじわじわ精神的に堕とされていく描写がお好みならば、一見の価値があるのでは。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:12月15日