「プリンセス狂想曲 ロイヤルウエディング」のレビュー一覧

プリンセス狂想曲 ロイヤルウエディング
筆祭競介(作) 里海ひなこ(画) 緑木邑(画) / キルタイムコミュニケーション
681円 / 18pt (3%還元)
「私達を愛でることが陛下のお務めです♪」若くして国王となった少年を待ち受ける、お妃候補たちの猛烈なアプローチ!! 正王妃の座を巡り怒濤の誘惑劇が繰り広げられる!!
18禁ノベルPDF体験版
  • 販売日: 2009年03月04日
  •     

オススメ!和洋中選り取り見取り

2014年01月06日   ミルト さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

国王となった主人公に正妻を求める女の子達がHに争う
ドタバタハーレム?です。

あまりドロドロした展開がないのもいい作品なのですが、
今作はサンプル画像にもある「上では初な大和撫子と
拙いキス」「下ではトリプルフェラで欲望を解消」のような
思わずニヤリとするエロいシチュがいっぱいです。

クオリティーの高さは作家さんの腕でお墨付き、ぜひ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!日本系、中華系、西洋系の姫君たちとSEX三昧

2011年01月04日   NERO さん投稿数 : 8位

このレビューは参考になった x 1人

レビュアーが選んだジャンル :

世界観はファンタジー世界ですが、登場する4人の姫君たちは、現実世界にあてはめれば「日本系、中華系、西洋系」に分類できます。
 
 姫君たちはお妃候補ということですが、主人公がSEXできるのは、この4人の姫君たちだけではありません。もうひとり、『主人公の父親の愛妾であり、後宮の取締役』を務めるエルダという年上ヒロインがいます。『主人公の父親の愛妾』であったのですが、主人公のことを憎んだりはしておりません。むしろ、主人公の母親に対して恩義を感じており、主人公の【童貞喪失のお相手】まで勤めてくれますw (イラストあり。しかもイラストでは、エルダの陰毛まで拝めますw)
 なお、主人公はエルダとの初体験まで精通を迎えておらず、精通の瞬間=エルダへの膣内射精という、羨ましすぎる初体験です。

 印象深かったのは、玲爛。足先、足裏の美しさに自信がある玲爛は、チャイナドレス姿で主人公のチ○ポを足コキ。寝ころんだ形の主人公のチ○ポを踏みつけるようにして愛撫します(イラストあり)。この段階では、強気で、S気質だった玲爛が、挿入されるとアヘアヘと喘ぐ、この逆転劇が面白かったです(イラストあり)。
 
 主人公の尻穴を舐めるご奉仕=アナル舐めのシーンでもイラストがあるのよかった。
もちろん物語終盤にはハーレムもあり(イラストあり)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:12月15日