「SweetDew」のレビュー一覧

SweetDew
柑武遼 / キルタイムコミュニケーション
1,018円 / 28pt (3%還元)
龍と交尾するお姫様、輪姦サバトに溺れる悪魔娘、触手拷問に堕ちる女騎士、さらに凶悪異星人に孕まされる女刑務官や怪人に公開陵辱される魔法少女まで美少女の痴態が満載!
18禁マンガPDF体験版
  • 販売日: 2009年02月07日
  •   

アブノーマルなHが満載

2013年05月08日   tomo さん投稿数 : 3位

このレビューは参考になった x 0人

可憐なヒロインたちがアブノーマルなシチュエーションで凌辱されたり、淫乱な姿をさらしたりする作品です!
全体的にファンタジー的な作品が多く、プレイの内容もマニアックかつアブノーマルな感じです!
美少女達の変わったHが見たい人におススメです!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!お願い、お願い〜、傷つけないで〜

2011年06月20日   サンライト さん

このレビューは参考になった x 0人

柑武遼(かんむりょう)先生の初単行本になります。
1話完結の短編集で、他のレビュアーの方もおっしゃってますがファンタジー多め。
つか全9話中6話がファンタジーで魔法少女と和風もファンタジーに入れるとなると
非ファンタジーはSFである星檻1作品のみとなります。

 柑武遼先生の特徴はあまり陰惨にならないことですね。
BADEND的話はMeltyMind、仮面の拷問士、星檻、Dinner Partyですが
その中で陰惨なのは仮面の拷問士と星檻ぐらい。この二つも
1つは原作故ですし、もう一つも先生が苦手なSFや描き方の
模索中時期である故かと思われます。

 さもん×で〜もん、はに〜みるく、キューティーバニー、4コマやあとがきなどは
終始明るく軽いノリなので軽くてエロクて楽しい作品系統を好む方にお薦め。

 個人的に一番好きなのがはに〜みるく。物凄く珍しい中華系お団子頭?
ギャルゲーでも未だ殆ど見ない髪形+「ロリなんだけどロリ巨乳でもない
でもロリロリでもない」という体型もグッジョブ!(笑)そして花屋のお姉さんが
ニコニコ笑顔なんだけどド変態で鬼畜っていうのが好きです。
笑顔で鬼畜なことやるんだもん(笑)もう、こういうの大好き!(笑)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

幅広いシチュ

2011年03月09日   魔矢文明 さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 0人

短編Hマンガ集ですが、シチュエーションがかなり豊富です。
強姦・和姦・シリアス・ギャグと取り揃えられていて、これだけあればよほど特殊なシチュを望まない限りは当たりがあるでしょう。
強いて言えば異種姦が多いという点でしょうか。
気に入った作品を上げると、
「Dragon Flight」:エルフ姫とドラゴンの和姦。
「さもんxでーもん」:代役でサバトに召喚された悪魔っ娘が流されるままに人間たちに輪姦される。最後は和姦系。
「Melty Mind」:聖騎士に倒された妖術士が亡霊となって仇の聖騎士を操り、卑しいオークに処女を捧げさせる凌辱作。
「はにー・みるく」:魔術師の弟子少女が買い物に行った花屋で魔法植物に凌辱される。
「禍神封淫伝」:捕えた鬼っ娘にHなお仕置き。
「魔法少女キューティーバニー」:なぜかバニーガール姿の魔法少女・キューティーバニーが今回立ち向かうのは、魔法少女と触手プレイするために自らを改造手術した怪人(ある意味、漢)、というギャグ作品。
「Dinner Party」:誇り高い純血種のバンパイアが、見下していた混血種に敗れて処女を奪われて犬にまで犯される凌辱作。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!ファンタジー凌辱短編集

2009年05月07日   ケンボー さん

このレビューは参考になった x 2人

それぞれ1話完結の短編集。
作品紹介の内容がしっかりツボを押さえた感じなので、レビューとか必要ないのかもと
思ったりもしましたが、まあ取り敢えずといったところです。
全体としてファンタジー系の話が多く、内容としても異種姦や凌辱物が多い印象です。
竜とはラブラブな和姦だったりしますが、オークやら異星人(怪物系)やら触手やらに
犯されるヒロイン達、逆に女の子の方が、悪魔っ娘や鬼娘やヴァンパイアだったりと
いった感じです。
絵柄の方はサンプルとか見るのが手っ取り早いんですが、顔はカワイイ系で身体は
ムッチリ肉感的な娘揃いです。表情なども良い感じですし、細かいところまで丁寧に
描きこまれているのに、ゴチャゴチャしすぎず読みやすかったですね。
1話完結なので、テンポよくガンガン犯られちゃいますし、実用性十分なエロさです。
凌辱物ですがグロい系や痛い系の描写はほぼないと言っていいので、その辺が
苦手な人でも安心だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:12月15日