「呪い屋零3 淫書の誘いに妖華咲く」のレビュー一覧

呪い屋零3 淫書の誘いに妖華咲く
斐芝嘉和(作) 高浜太郎(画) / キルタイムコミュニケーション
962円 / 26pt (3%還元)
たった一人で名門女学園へと潜入した女退魔師の身に淫呪の嵐が襲いかかる。クラスメートの衆人環視下での自慰強制、黒犬による肛姦、そして怒濤の触手責めに晒される零。
18禁ノベルPDF体験版
  • 販売日: 2008年09月07日
  •     

往年の名作

2014年03月30日   緑茶党 さん

このレビューは参考になった x 0人

斐芝先生の往年の名シリーズの三作目です。

基本的な流れは
・表紙のお姉さん(退魔士)が依頼を受け学園潜入
・潜入がバレて色々なアプローチが
・さらにトンでもないものが召喚されヒートアップ
という形になります。

濡れ場に力を入れ過ぎてストーリーが疎かになることもなく、
ストーリーに力を入れ過ぎて濡れ場が犠牲になることもなく、
実に絶妙に構成されております。

最後に一つ注意点
このシリーズ百花繚乱で楽しむもので無く、
基本体を張るのは表紙の主人公のみなので、
その点はご了承の程、よろしくお願いします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:11月17日