({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 越山弱衰
出版社名 GOTフォローする
レーベル GOTコミックス
販売日 2018年10月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数214
ジャンル
ファイル容量
148.26MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

『comicアンスリウム』が贈る美熟女快楽の超新鋭!
越山弱衰、渾身の初単行本!

妻でもなく母でもなく彼女でもなく。
ただのオンナとして堕ちる悦び。

息子の雌に堕とされる貞淑な義母…
彼氏の為チャラ男に抱かれる彼女…
淫猥教師にハメられる勝気な母親…
雄に屈服し寝取られる憧れの先生…etc.

女は本能のまま自ら腰を振り動かす。
愛情を手放し欲情にハマる身体が入り淫れる!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「艶事に染まる」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

熟女(2) 寝取られ(2) むちむち(2)
だらしない

2018年10月06日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

快楽に弱くだらしない身体のオバサンが得意な越山弱衰先生の単行本です。前半は寝取られモノになっているので苦手な方は注意を。
なんといっても目を引くのは胸。仰向けに寝れば横に広がり、四つん這いになれば下に伸びる。と張りをなくした柔らかそうな胸が、事の最中にたぷたぷと揺れる様はたまりません。シリコンの入ったような嘘くさい胸も大好きなのですが、やはり熟女ならこっちの方が似合います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!口に料理を無理矢理ねじ込まれたとしても、それが美味なら

2018年10月06日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×0人

「アナタがいれば(BJ149560)」
「誰が為に雌は鳴く(BJ137285)」
「裏Birthday(BJ124748)」
「師妻艶武(BJ108122)」
「妹三原則(BJ094666)」
「S.N.S. -主任の性癖-(BJ103067)」
「バレないように(BJ113515)」
「素直になれた日(BJ128939)」
以上の8話を収録した短編集です。
豊満で重量感すら否定できない肉厚の熟女、これは同作者様の代名詞であり、欠かせないアピールポイントです。
しかし、本作を読破するとそれは表層的な共通点に過ぎないと思い知らされます。
内に秘めた女の性欲を強く浮き立たせるのが凄まじく上手いのです。
ファンタジーなどで媚薬を盛られた少女が肉欲を抑えきれなくなる描写とは違う、女性が元から持っている雌の疼きの事です。
多くは寝取られをギミックとして使用しています。
きっかけは男性的な力技だったり、卑劣な交換条件だったりするかもしれません。
でも、次第に彼女らの中の本能的なセンサーが美味な雄をテイスティングし、もっと食べたいと求めてしまう、まさしく湧き上がって歯止めが利かなくなる感覚がハッキリ読み取れて興奮がうなぎ上りです。
もちろん、寝取られは単なるおまけではなく、知らぬ間にあるいは目の前で最愛の人が奪われてしまう無力感が重くのしかかってきて、これでこそNTRの醍醐味です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]