({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

【電子書籍描き下ろし!】
少女は好奇心で虫と交わり、虫は本能で女体を貪る――。
虫の性器をしゃぶって、挿れて、戯れ堕ちる少女たち。

虫の発信器を追って、親子を尋ねてきた椚。
椚は文香たちに自分たちの研究所へ来ないかと提案する。

成り行きのまま訪れた研究施設で、虫たちの性欲を機具によって処理する場所を案内される母・芳乃。
一人その場所に残された彼女は、憐れみから一匹の虫を手コキによって射精に導く。
すると美母の身体は情欲に火照り、自分がここに呼ばれた理由を察すると、服を脱いで大量の虫が蠢く部屋に自ら入っていく。

性欲漲る虫たちは噛みつくように芳乃の乳房を吸い、膣の中で生殖器を本能のままに蠕動させる。
娘を叱りつけていた母親の姿が、人とでは味わえない絶頂と快楽によって崩壊していく……。

遊戯びたりない貴方と、虫たちに捧げるシリーズ第二弾!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「虫遊戯2 第4話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件