({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 貴道
出版社名 侍侍フォローする
販売日 2018年04月11日
シリーズ名間違えて義姉に夜這いをした日から僕達は幾度となく挿入と絶頂を繰り返している
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数29
ジャンル
ファイル容量
13.86MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「拓也くん…もっと…もっと激しく…して」

――密かに想いを寄せていた兄嫁の妹、葵に夜這いをかける決心をした拓也。
寝ている葵の布団に潜り込み、暗闇の中でアソコを押し広げて、指を挿入していく…。
徐々にヌルヌルと湿り気を帯びていくアソコに興奮を隠せない拓也。
このまま最後まで…思いきや、夜這いをしていると思った相手は葵ではなく、兄嫁の楓だった。
謝罪をし、逃げようとする拓也の唇を奪い、ネットリと舌を絡めてくる楓。
我慢が出来なくなった拓也は、そのまま楓の乳首に吸いつきながら、
すでにヌルヌルになっている楓のアソコに自らのペニスを挿入し、兄嫁に何度も腰を打ち付ける…。

兄嫁と義弟…2人の禁断の関係が始まる…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「間違えて義姉に夜這いをした日から僕達は幾度となく挿入と絶頂を繰り返している 1巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件