({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 伊丹
出版社名 KATTSフォローする
レーベル KATTS
販売日 2018年02月03日
シリーズ名発情ハーレム! Hしないと死んじゃうんであの子を興奮させちゃいました
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数25
ジャンル
ファイル容量
15.97MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

夏休みに幼なじみの海老江杏とともに祖父の墓参りに訪れた貴石介。
不注意で道路へ飛び出した介はトラックに轢かれて生死をさまよう。
臨死体験中の介が、生きて杏にもう一度会いたいと願うと、どこからともなく不思議な声が聞こえてくる。
すると、介の目の前は光で真っ白になり、気がつくと病室で杏に抱きつかれていた。
臨死体験中に謎の声に言われた
「特別な力を授ける」
「その力で人生を悦びで満たせ、さもなくば主の身体は朽ち果てる」
ということを胸に元の生活へと戻る介だったが、ある朝杏を起こしに彼女の部屋を訪れ、
無防備な彼女の姿を見た途端に欲情し、本能が命じるままに彼女の胸を揉みしだいてしまう。
その後、目を覚ました杏も介の行為を受け入れてふたりは身体を重ねて行き…。

注意事項

「アナンガ・ランガ Vol.32【フルエディション】(BJ139653)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「発情ハーレム! Hしないと死んじゃうんであの子を興奮させちゃいました 第1話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件