({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年01月18日
シリーズ名小説の書き方を指導してたら、中まで入っちゃった!?
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数26
ジャンル
ファイル容量
14.06MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「先生のご指導、受けたいんです…」
男の手でぐちゅぐちゅにされ、感じたことのない快感に身悶える教え子のアソコに───!!

元小説家志望で教師の俺は、文芸部・武田ゆうかに小説の才能を感じ、想像だけでなく体験してみるよう彼女にアドバイス!
すると「お手伝いを…お願いします、先生!」と頼まれるが、彼女が書いていたのは官能小説で───!?
生徒に手を出せるわけがない…と断るものの、熱心に指導を頼みこむ彼女に負け、結局引き受けてしまう。
あくまで真似ごと、少し触れるだけ…。
ゆうかの小説を再現しながらその尻を、胸を揉みしだいていくが、
愛撫に感じ濡れていく彼女に、お互い我慢の限界を超えて…!!
「せんせい…私…、もう…ダメぇぇ!!」

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「小説の書き方を指導してたら、中まで入っちゃった!? (1)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件