({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 上原りょう(作) / 40原(画)
出版社名 フランス書院フォローする
レーベル 美少女文庫
販売日 2017年12月13日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数321
ジャンル
ファイル容量
46.78MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

「ゴミクズ、さっさと出しなさいよねっ!」
「今日こそ、私を受精させるのよっ!」
嫌な顔をしながら――騎乗位でまたがってくる亜由美様! 夏希様! 真帆様!
「もぉ、なに、勝手に動いているのっ!」
謎のウィルスから人類を救えるのは、自分だけだから――

女王様になっていただき、パンツを見せてもらい、さらになんと、孕んでもいただける!
罵り声も甘い嬌声に変わって、自ら腰を振ってくる三姉妹にドMな欲望はとまらない!
「きっ、きちゃう! 変態の精液、お腹いっぱい、出されちゃう!」
三人の中に注ぎこみ、息をつく彰人へ――
「あなたのマゾ心を満足させてあげられるのは私たちだけってわかってるでしょうね?」
絶対零度の視線で囁いてくる女王様!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「嫌な顔されながら子づくりさせてもらいたい」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!ドM男に世界を救わせるために三姉妹がハーレム

2017年12月19日   投稿数 : 7位

このレビューは参考になった×0人

本作では挿絵の担当となっている方が爆誕させたシリーズ「嫌な顔されながらおパンツを見せてもらいたい本」が大好きで、本作も目に留まりました。
もっとも、あっちはイラスト集形式、こちらはノベルですので、おのずと印象の違いは鮮明です。
個人的な感覚ですが、初期設定に驚かされました。
前記のイラスト集はリアルドリームな物だと勝手に思い込んでいました。
つまり、現実世界で女の子に懇願したらパンツ見せてくれた、けども軽蔑される世界観を想像していました。
しかし、本作は時代こそ現代日本ではあるものの、ぶっ飛んだ設定をしています。
世界規模の問題が発生していて、それの対処に当たる女エージェントの長女から話が始まります。
そして、エージェントの養成学校に通う次女と三女も加わり、三姉妹が攻略ヒロインです。
[作品内容]にもチラッと書いてあるようにウイルスの解決手段を持っているのが本作の主人公です。
その彼が真性のドMだったって言うのが話の肝です。

上手いのが三姉妹がいずれも穢れていない所です。
ビッチのbの字にも程遠い純情な心と体で、S嬢のエの字も知らない無知さは3人に共通しています。
だから本来なら主人公に身を捧げるのが嫌なのはもちろん、どう繋がればいいのか不案内だし、急に女王様に成って欲しいって言われても困ってしまいます。
そこが最高に可愛い。
だけど、やらないといけないから、徐々に知識を付けようと努力するのは間接的にS嬢に調教している気分にもなります。
責任感が背水の陣のように作用して、嫌悪感と戦いながらS嬢を演じる姿も愛おしいです。
おまけに、三姉妹の関係性も効果的です。
絆の強さが目に見えるほどの姉妹でありながら、そこは女同士だけあって彼を巡ってはライバル心を燃やし、出し抜こうとSっぷりに創意工夫を施すあたり嬉しくなります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]