電子書籍 > フランス書院 > 転生後奴隷王国 女王、騎士、メイド、魔女、女神を孕ませよう!

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 鷹羽シン(作) / まぐろ帝國(画)
出版社名 フランス書院フォローする
レーベル 美少女文庫
販売日 2017年11月30日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数306
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

「マスト、お願いですから、また孕ませて」
豪奢な王族用ベッドで種付けをせがむのは、五人のボテ腹美女!
(一人はなんと女神様)
女神エローラと魔女クリシュナ、そして、メイドのセレアが息を合わせてボテ腹ズリ。
「ああ、お腹にザーメン、ぶっかけてぇ!」
「ぶっかけの次は、ワタクシたちの子宮に、たっぷり注いでくださいねぇ」
「私も頼む、マストの子種を注いでくれ」
射精し続ける増人へ、今度はボテ腹女王イレーネとボテ腹騎士ライーアが求めてくる。
「はい、僕、がんばります、この世界のため、みんなのため、何発でも射精します!」
異世界へと転生した少年は、
元の世界では得られなかった求められる喜びに浸っていた。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ129764
ファイル名/ファイル容量
BJ129764.zip / 31.39MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「転生後奴隷王国 女王、騎士、メイド、魔女、女神を孕ませよう!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!卑屈な少年が異世界で牢屋から始めるボテ腹ハーレム

2017年12月07日   投稿数 : 7位

このレビューは参考になった×0人

キーワードは「オス枯渇」「卑屈だけど絶倫」「罪人待遇」「ハーレム」「ボテ腹」です。
呪いによって全土の男が不能化した異世界が舞台です。
そこに転生したのは、生まれながらにして無茶苦茶な絶倫体質であるものの、それで白い目で見られたのが元で非常に自虐的な性格になってしまった少年です。
ちょっと雑に転生した彼はそっちの世界では不審者扱いで、罪人同然に投獄されます。
っていうか、男の無気力化に蝕まれて長いので、相対的に女性の地位が上がっていて、騎士も宮中もみんな女性なのが災いし、少年の興奮しやすさは変態と見られてしまいます。
しかし、裏を返すと、その健康さは砂漠に沸いた一筋の水源でもあり、次第に彼の価値が認められていくのがストーリーの大枠です。

まず、主人公の人物設定が面白いです。
当人は少し可哀そうなほど気弱で卑屈に育ってしまった少年です。
肉体的にも小柄で、女性と比べても母と子のような体格差が文中や挿絵で表現されています。
ところが、股間だけは段違いなのです。
剣を突きつけて恫喝されようが、収監されようが、そこに美女が居るならば立派にそそり立つ元気な雄力を有しています。
これが恐怖に怯えながらも、股間だけは雄々しく機能して、女王以下メイドも女騎士も虜にして行く、下剋上の快楽を成立させているのです。
しかも、当人が超のつくほど卑屈で真面目なので、下から上がる高低差が大きく、それだけ登り詰めた喜びも大きく感じます。

また、枯れた王国に子種をもたらすのが主目的なので、ヒロイン達はテンポよく孕んでいきます。
おまけに、孕んで終わりではありません。
孕むのは途中経過に過ぎず、むしろそこから愛が深まる、つまりはボテ腹Hが満載なのです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]