電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ファントムオンライン 悦楽の幻影【単話】 > ファントムオンライン 悦楽の幻影 第三話【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

姿を見せない敵の魔の手は、結城の婚約者・茜にも及ぶ。
電脳世界で目覚めた彼女は自分があられもない姿で拘束されていることに気づく。
目の前に現れたのは由香里と奏を犯した怪物。
一条寺コンツェルンの令嬢は身体の感度を改造され、
キスだけで蕩け、巨大なペニスを挿入されれば狂ったようによがってしまう。
徐々に罵倒や軽蔑されながら犯されることにこの上ない快楽を感じはじめ、
ついに婚約者にも見せたことのない下品なイキ顔を晒す。

※『敗北乙女エクスタシーVol.2』に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ126960
ファイル名/ファイル容量
BJ126960.zip / 11.64MB (12205443Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ファントムオンライン 悦楽の幻影 第三話【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件