電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > エローナ オークの淫紋に侵された女騎士の末路【単話】 > エローナ オークの淫紋に侵された女騎士の末路 三話【単話】

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

オークに囚われてから毎日のように犯され続ける女騎士団長クラウディア。
絶頂するたびに記憶を失う呪いをかけられた彼女に
イカせず寸止めする条件として出されたのは
「豚の鳴きマネをして許しを請う」という屈辱的な行為だった。
それでも愛しき人への想いを忘れまいと必死に耐えるクラウディア。
だが、オークの極太チンポによって
絶頂寸前の快感を何度も刻み込まれていくうちに団長の心は摩耗していき──。

※『敗北乙女エクスタシーVol.1』に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ124341
ファイル名/ファイル容量
BJ124341.zip / 23.08MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「エローナ オークの淫紋に侵された女騎士の末路 三話【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件