電子書籍 > 悶々堂 > 心乱れる娘の痴態 ~発育途中の美人姉妹~ 第1巻

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年10月03日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数122
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「お父さん、イクぅぅっ」
そう叫ぶ咲子を激しい痙攣が襲った。オ○ニーでイったのだ。
俺がのぞき見しているとも知らずに……。

咲子はオヤジの旧友の娘たちだ。訳あってうちで預かっている。
いつしか2人は最大限の親しみを込めて俺のことをお父さんと呼ぶようになった。
俺も咲子と、咲子の姉の桜子を本当の娘のように思って接してきた。
だが、俺のことを叫びながら果てた咲子を目の当たりにして、
平常心でいられるわけがなかった。
剥き出しになったク○トリスが赤黒く光っている。
俺の心も同じだ。理性という表皮をはいだ剥き出しの心。
次の瞬間俺は、咲子をその場に押し倒していた。
「お父さん…だめ…」壊れた父娘関係が今、始まる。

※「箱入娘 ~無垢な少女は白濁く染まる~」の素材を元に悶々堂が編集制作しています。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ116148
ファイル名/ファイル容量
BJ116148.zip / 37.61MB (39438417Byte)

心乱れる娘の痴態 ~発育途中の美人姉妹~ 第1巻の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「心乱れる娘の痴態 ~発育途中の美人姉妹~ 第1巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件