電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 乳牛少女かおり > 乳牛少女かおり

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年06月25日
シリーズ名乳牛少女かおり
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数188
ジャンル

作品内容

体形とは不釣り合いなほどの胸の大きさに悩む白山香織は
両親の進めで巨乳少女たちの身体を調べているという
製乳メーカーが運営する研究所に行くことに。
しかしそこは、胸の大きな少女たちを集め
さらなる増乳改造を施す人間乳牛化施設だった! ?

地面につくほどの超乳に肥育され、
人から乳牛になった少女たちを描いた
長編『乳牛少女かおり』をメインに、
巨乳と爆乳、そして超乳ヒロインで固めた
おっぱい漫画家ぺどっち初単行本!


【収録作品】
『乳牛少女かおり 第1話』

『乳牛少女かおり 第2話』

『乳牛少女かおり 第2話After』
(単行本描き下ろし)

『乳牛少女かおり 第3話』

『乳牛少女かおり 第3話After』
(単行本描き下ろし)

『乳牛少女かおり 最終話』

『乳牛少女かおり 最終話After』
(単行本描き下ろし)

『至高の母性像』

『催眠幻覚』

『しとろんフラッド』

作品情報/動作環境

作品番号
BJ114346
ファイル名/ファイル容量
BJ114346.zip / 125.16MB (131235790Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

乳牛少女かおりの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「乳牛少女かおり」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!八面六臂の活躍

2017年08月01日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

描き下ろしが多いので、得した感じになりますし、空白の出来事もある程度分かります。この本の主人公かおりは胸が大きすぎて苛められていたようですが、ミーは聖人でも、博愛主義者でも有りませんが、実にけしからんと思います。かおりは見事に酪農業界の救世主として八面六臂の大活躍しております。(かおりの母乳にはおっぱいの生育を大きく促進する作用がある模様で素晴らしい)出来れば、媽媽になったかおりも見たかった。作者は、あとがきで「超乳流行れ」と申し上げていましたが…どうなるかな……

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!単話で半分以上持ってるとわかってて買ったけど大正解

2017年06月27日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×1人

[作品内容]の【収録作品】と[著者作品一覧]を見比べればわかる通り、パッと見でほぼ全ての作品が単話で販売されていると見えるはずです。
実際、私も購入履歴と収録作がほとんど被っていて、購入を見送ろうとかと躊躇しました。
しかし、思い切って買ってみると大きな勘違いだったと気づかされました。
今にして思えば【収録作品】にもハッキリ書いてあります。
「第2話After(単行本描き下ろし)」「第3話After(単行本描き下ろし)」「最終話After(単行本描き下ろし)」。
これがその理由です。
この単行本、バカにならないページ数が描き下ろしなのです。
言われてみれば、失礼ながら同作者様は単行本一冊分を構成できるほど単話の数が足りません。
まめな方は単話のページ数を全て足して、本作のページ数と比べて見ると鮮明です。

単話で発売中の話はそっちで感想を書いてしまっているので、描き下ろし分について以下に記します。
簡潔に言えば痒い所に手が届く感じです。
例えば、第2話の本編の方はお兄さん複数×超乳少女3人でしたが、描き下ろしは超乳少女×超乳少女になっていて、ハイレベルおっぱいがひしめき合う光景が楽しめます。
つまりは単話のページ数では収まりきらなかったけど、このサイズのおっぱいだからこそ是非見てみたかったプレイやその後が堪能できる大満足の内容でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]