電子書籍 > 茜新社 > おねショタでぃっしゅ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
著者 森島コン
出版社名 茜新社フォローする
レーベル TENMACOMICS 高
販売日 2017年06月04日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数213
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

甘く弄られる喜び

100%年上ヒロイン 恋とか性の目覚めとかひっくるめて、
ぜーんぶ包みこんでくれる”おねえちゃん”達との、
優しさと激しさに満ちたえっちが盛りだくさんな
著者初の成年向け単行本がついに発売♪

歳の差が生みだす「母性」に溺れるもよし、
無垢な身体を快感へと誘う「背徳」に浸るもよし、
画面いっぱいに広がる”おねショタ”の魅力を存分にご堪能ください

【収録作品】

「ドウテイサンプル」
「お風呂とらぶるっ!」
「お姉ちゃんとあそぼ!」
「ナイショのご奉仕」
「アイドルだって○○したい!」
「肉 熱BODY」
「主導権はどっち? -続・肉 熱BODY-」
「嘘からはじまる」
「本番中はお静かに!」
「クリスマスは君と」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ112509
ファイル名/ファイル容量
BJ112509.zip / 157.53MB (165185671Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「おねショタでぃっしゅ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!お姉さん×童貞少年一択

2017年06月04日   投稿数 : 7位

このレビューは参考になった×0人

本書のあとがき部分に「この本は主におねえさんと○学生男子がえっちな事をしちゃう内容となってます」と書いてある通り、自他ともに認めるおねショタ一択本です(実際のあとがきでは○の所に縦棒が3本書いてあります)。
しかし、これは「童貞少年を食いまくるサキュバスみたいな魔性の女だらけ」と同じ意味ではありません。
むしろ、女性側も初体験率が非常に高いです。
いわゆる出来心とか絶好のタイミングとか若さゆえの過ちとか、そんな類いの印象です。
一方で、女性側が嫌々やっているかと聞かれれば確実に否定できます。
サンプルの2つ目に出ている黒ギャルと近所のショタのカップルが良い例です。
普段は実の姉弟みたいな遠慮のない言い争いをして、鉄拳制裁とかしてしまう男女であるものの、不意な出来事でショタの雄の部分が反応してしまい、それに気づいた黒ギャルがいつものスキンシップの延長みたいに少年の股間をいじめた所、男女ともにヒートアップしてしまいます。
これも含めて十中八九の収録作において最初の一手は女性側だと思って間違いありません。
反面、ショタの方もヤられっぱなしではないのも事実です。
上記した通り女性はいずれも百戦錬磨のビッチではないので、良くも悪くも隙があって未熟なショタであっても反撃や征服の機会は充分にあります。
個人的に一番好きなのは「肉 熱BODY」シリーズです。
作中の主人公同様、長身で肉厚たっぷりの重量級ボディは私も大好物です。
そんなお姉さんに小柄な少年が抱き着く構図は最高です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]