電子書籍 > フューチャーコミックス > 閉ざされた淫習の村~極上の名器を持つ少女~3

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年05月27日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数27
ジャンル

作品内容

「私をイかせる事が出来たらこの村の秘密を教えて差し上げますわ…
でも、覚悟して下さいね。私のナカ、普通じゃないですから…」

大学の研究の為に山に入った木下は、道に迷い、とある集落にたどり着く。
そこで出会った二人の姉妹、円と充の家にお邪魔する事になるも、
その村にはおよそ現代とは思えない様な淫猥な風習が残されていた…。
その夜、乳首が透ける程の薄い襦袢で木下の部屋にやって来た充は、
お清めと言いながら、まさかの全身リップ!
充の温かく艶かしい舌が木下の全身を這いずり回り、それは徐々に股間に向かった…
「ここもちゃんと清めませんとね」と、そのままムスコを喉の奥までずっぽりと押し込む!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ111196
ファイル名/ファイル容量
BJ111196.zip / 6.4MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

閉ざされた淫習の村~極上の名器を持つ少女~3の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「閉ざされた淫習の村~極上の名器を持つ少女~3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件