電子書籍 > グループH > 義兄に夜這いをされた私は幾度となく絶頂を繰り返した(3)

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 八月薫(画) / 粕谷秀夫(作)
出版社名 グループHフォローする
販売日 2017年05月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数34
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

夫を裏切りたくない…でも、カラダは欲して卑猥に濡れて…!!

新妻の椎名初美は専業主婦になるという夢を叶え、義父と義兄と4人で暮らしていた。
夫の浩二は、このところ仕事が忙しく帰りは夜中の2時3時…
おかげで夫婦の営みもさっぱりで初美は欲求不満気味。
そんな気分を変えようとゆっくりお風呂に浸かっていたところ、浴室に裸の義兄が現れて…
初美が慌てて出て行こうとすると義兄に突然抱きしめられ…。
驚いた初美はその場から逃げ出すが、大きかった義兄のアソコを想像し、ひとり絶頂に達する!!
さらに無防備な初美の裸を見て、理性を失った義兄は初美を押し倒し、執拗に身体を舐めまわし…!!!
「ダメ義兄さん…それ以上されたら私……」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ110739
ファイル名/ファイル容量
BJ110739.zip / 21.2MB

義兄に夜這いをされた私は幾度となく絶頂を繰り返した(3)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「義兄に夜這いをされた私は幾度となく絶頂を繰り返した(3)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件