電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 怪物の瞳【単話】

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

新入生・鎧坂の手腕により、その年の物理部は女子校初の学生ロボット大会優勝をなしとげた。
部長の若水は、常に人を寄せ付けようとしない鎧坂と仲良くなりたい一心で
部室で二人きりになった時にコミュニケーションを試みるが、
強く拒絶されたうえに、機械触手で拘束されてしまう。
鎧坂は「仲良くなりたいならこれくらいできますよね」と
先輩の秘部を触手で愛撫しながらクンニを要求する。
鎧坂の瞳が映す真実を知りたい若水は、後輩の求めを受け止め
どんどんエスカレートしていくレズ責めに嬌声を上げてしまい……!?

※『二次元コミックマガジン 触手レズVol.1』に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ110322
ファイル名/ファイル容量
BJ110322.zip / 28.05MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「怪物の瞳【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件