({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年05月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数265
ジャンル
ファイル容量
14.89MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

「これはその、買い取り金の利息だ! 私からまたがってやるっ、感謝しろっ!」

リオンの顔に思わず笑みが浮かんだ。
輿入れ行列を野盗に襲われて、気を失った姫騎士をリオンは商人として買い取った。
敵王のハーレム奴隷にされるところを助けたのに、クリスティナは心を開かなかった。
そんな王女が騎乗位で導いてくれるという。
「うっ、くっ……なかなか入らぬ……」
花びらを指で開き、そろそろと腰を下ろしてくるクリスティナ。
透けた衣装をまとった姫騎士は、まるで自分だけのハーレム奴隷だ。
「ふ、深い、すぐにイキそうだ……」
M字開脚したまま中腰で動きをとめ、クリスティナは泣きそうな声をあげる。
気高き姫騎士から受ける奉仕は格別だった。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「クリスティナ戦記 奉仕の姫騎士と国境の商人」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件