電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 満員電車の憂鬱【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

最近、通勤電車内で妙な視線を感じる響子。
そんな彼女の前に、キモイ男が出現。
「美脚に一目惚れ」「むっちりとしたお尻に太もも…」
などと変態的発言で告白され、あきれた響子は罵倒気味に男を振る。
すると振った男が後日、電車内で痴漢を仕掛けてくるのだった!
響子は痴漢集団にスマタや太ももずりと、良いように弄ばれてしまい、
挙句ストッキングを破られ、
挿入しながらの足裏コキといったプレイに溺れていく。

※『二次元コミックマガジン 脚フェチマニアックスVol.1』に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ104975
ファイル名/ファイル容量
BJ104975.zip / 16.32MB (17115634Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「満員電車の憂鬱【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件