>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
{{ __('fb01') }}{{ __('fb02') }}
{{ __('fb03') }}
{{ __('rate02') }}
{{ __('rate03') }}

{{ __('rate04') }}

{{ __('rate05') }}
{{ __('rate06') }}

{{ __('rate07') }}
{{ __('rate08') }}

{{ __('rate09') }}

{{ __('rate10') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

【電子書籍描き下ろし!】

ミズキに敗北したサリィは
再びミズキと対決するため研究者に自身の身体強化をするように命令する。
だが、その強化方法は身体の内部に投薬して行うものであり、
サリィの膣やアナルに機械を挿入していくものだった。
さらに尿道にもチューブを挿入され、乳首やクリトリスにも注射され
悶絶したサリィは薄れゆく意識の中で強化されていったのであった。

その後研究所を潰していくミズキの前に現れたサリィは
ミズキの脳内に触手を伸ばし、脳神経を狂わせ触手による回復能力を封じたあと、
電撃混じりの触手でミズキを嬲っていく。
回復できずになすがままにされたミズキは
穴という穴を犯されながら悶絶するのであった……。

尿道責めの貴公子、緋乃ひのが描く触手、尿道漫画第2話が登場!
(全4話予定)

作品情報/動作環境

作品番号
BJ102495
ファイル名/ファイル容量
BJ102495.zip / 8.22MB (8622567Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

テンタクラーミズキ 第2話の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「テンタクラーミズキ 第2話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件