({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年03月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数39
ジャンル
ファイル容量
39.32MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

弱肉強食の世界「社宅」で繰り広げられる淫欲劇場

「社宅」…社員を住まわせる、会社所有の住宅。(出典:『大辞林 第三版』)
そこは、夫の役職によってヒエラルキーが決まる弱肉の世界。
まさにキツネタヌキの化かしあいが日々繰り広げられる妻たちの戦場。
不況の中、会社はリストラの口実を虎視眈々と狙い、本の些細なミスが命取りに……。
今日も誰かが社宅を去っていく。明日は我が身…と、戦々恐々とする社宅妻たちが、
社宅のすぐ裏手にある専務のお邸で開かれた生け花教室でスキを見つけては、専務に肉体でサービスする。

子どもの頃から他人と争うのが苦手で、世間知らずの犬飼良子は、
社宅妻たちに凌辱され、その現場を専務に目撃されてしまう……。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「社宅妻の掟」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件