電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 奪われて与えられたもの―陵辱のはてに― > 奪われて与えられたもの―陵辱のはてに― 最終話【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年01月14日
シリーズ名奪われて与えられたもの―陵辱のはてに―
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ファンタジー世界で繰り広げられるハードな肉体改造陵辱シリーズ最終話!

悪趣味な貴族ハルスに危険な魔薬で悪趣味な肉体改造を施されたことで
魔力に目覚めた少女ミアは、雇い主のハルスを倒し逃亡する。
そして、シャルンを改造したことによって悪しき魔女として国から討伐対象とされてしまったが、
40年という間ことごとく討伐対を退けた末に、
首に賞金を掛けられはしたものの、静かな生活を取り戻す。
しかし、不死の身体とザーメン中毒が治ることはなく、
渇きを覚えては街に下りて男を漁る日々を繰り返していた。
この日も、二人組の男を捕まえて薬を飲ませては、
ハミ出たアナルに、露出した子宮に、マ○コのように変化した乳首に、挿入させる。
絶頂を重ね、ザーメンにまみれるミアに救いは……。

※著者単行本『奪われて与えられたもの─超乳改造─』、『コミックアンリアル Vol.61』に掲載されている作品です

作品情報/動作環境

作品番号
BJ101094
ファイル名/ファイル容量
BJ101094.zip / 12.18MB (12771024Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「奪われて与えられたもの―陵辱のはてに― 最終話【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件