電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 奪われて与えられたもの―陵辱のはてに― > 奪われて与えられたもの―陵辱のはてに― 第2話【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年01月14日
シリーズ名奪われて与えられたもの―陵辱のはてに―
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ファンタジー世界で繰り広げられるハードな肉体改造陵辱!

魔法が使える貴族が無力な平民を支配する魔法都市の貧しい母子家庭で育った少女ミアは、
苦学して薬剤師の資格を取り大貴族ハルスの館へ就職。
やっと母へ恩返しができると喜ぶミアだったが、
ハルスの目的はミアを魔薬で改造調教し肉奴隷にすることだった……。
ハルスによって大事な母までも監禁調教されていたことを知るミア。
母はミアを改造する前の試験として危険な魔薬を多数使用され、
若返りの劇薬によって瑞々しい肉体となるも精神も退行していた。

膨乳改造された乳首へニプルファック用のディルドを挿入され、
母乳を噴出しながら肥大化したクリトリスを吸盤蟲で絶え間なく刺激される母は、娘に淫乱な姿を晒していく。
母に懇願されクリペニスを自らの膣内へと挿入したミアは、
巨大な乳房同士を重ね合わせて絶頂へと上り詰めていく。
さらにハルスから拡張されたアナルをフィストファックで責められ、
尿道内へも挿入され母娘共にイキ狂わされていき……。

※著者単行本『奪われて与えられたもの─超乳改造─』、『コミックアンリアル Vol.58』に掲載されている作品です

作品情報/動作環境

作品番号
BJ101091
ファイル名/ファイル容量
BJ101091.zip / 13.38MB (14026319Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「奪われて与えられたもの―陵辱のはてに― 第2話【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件