電子書籍 > 大都社/秋水社 > オトメスイッチ~彼が持ってる彼女のリモコン~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年01月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数178
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではブラウザ視聴のみの対応となります。 ブラウザ視聴について ]

作品内容

主人公・水谷晴樹(みずたに・はるき)は、とあるきっかけで謎の“スイッチ”を女教師から託される。
昼休み、晴樹がそのスイッチを入れると、同じクラスの美少女、櫻木文香(さくらぎ・ふみか)に異変が。
顔が紅潮し、何かを我慢するように教室を出た文香を呼び止めた晴樹は、
無人の教室へ文香を誘い、スイッチのことを話す。
文香が身に着けていたものを見せてもらうと、それはロー●ー。
使い方を知らない文香と、スイッチを託された僕。
つまり、僕は彼女にこれを使えということか?
晴樹はロー●ーを文香のアソコに押し当て、刺激に悶える文香を見て「もっと刺激を与えたいな」と考える。
そして晴樹はついに、自らのペ●スを文香に挿入し――。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ101061
ファイル名/ファイル容量
BJ101061.zip / 90.37MB (94762458Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「オトメスイッチ~彼が持ってる彼女のリモコン~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

これも純愛の、ひとつのカタチかな、と思える作品。

2017年01月21日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]