電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 桃源催夢【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

仙境、崑崙山に住む李書明は、普段からわがままで弟子たちをこき使っていた。
なんとか仕返しをしてやろうと思った弟子の碧は、
手に入れた西洋のお香を使って書明に催眠をかけることに成功する。
普段から貞操帯をつけられて性欲の発散もままならなかった碧含め弟子たちは、
催眠状態を利用して貞操帯の解除に成功する。
荒ぶる肉棒の解放感に、言いなり状態の書明を見た弟子たちは
穴という穴に挿入、書明を孕ませてしまうことを画策する。
立て続けに挿入される肉棒の快感に翻弄された書明は、何度も中出しされ続け、結果孕んでしまう。
催眠が解け、すべてを知った書明はボテ腹状態のまま、
形勢逆転、弟子たちの子種を搾り取ろうと腰を振るのであった。

※『二次元コミックマガジン 催眠状態で種付けファック!Vol.1』に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ100892
ファイル名/ファイル容量
BJ100892.zip / 14.75MB (15467834Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「桃源催夢【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件