({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

愛する人の子を身ごもるかのように、
体内に触手を宿してしまったヒロインたち。
お腹の中で蠢く触手によって体内を犯され、
膣道や直腸の肉壁を抉られるたびに排泄快楽で身を焦がす。
苗床となったヒロインの身体から触手が芽吹く触手寄生アンソロジー第ニ弾!

【収録作品】
『退魔巫女スミレ ~肛辱の儀式~』
by 飛沫おろし
各地で悪霊を鎮める新米退魔巫女スミレは辺境の村で除霊を頼まれるが
触手蠢く悪霊に寄生された村の長老に捕まり媚肉を貪られることに。
ぬめ光る無数の触手に絡みつかれ、張り詰めた肉棒でアナルをかき回された退魔師は
腸内射精された精液によって触手の苗床とされてしまう。
日常生活の中でも、自らの排泄口に宿る軟体生物が蠢く愉悦を味わわされ
美貌の巫女は禁断の快楽を受け入れてゆくのだった。

『淫魔に魅せられた戦姫の夢』
by もみやま
女将軍クラレット・レイスター。
いくつもの戦争を勝利に導き、兵士や国民から“戦姫”と称賛される彼女には秘密があった。
幼きころ闇武具商から手に入れた鎧、
この魔性の力で貧民街の少女は将軍にまで上り詰めたのだ。
だが、鎧は彼女に力の対価を求め始める。
触手モンスターへと姿を変えた鎧に、捕らわれてしまった戦姫。
極太触手が喉の奥にまで侵入し、両乳首は吸引型触手に吸い上げられ、
股間では無数の細い触手が淫裂を愛撫するかのように蠢く。
全身を襲う肉悦の波からの解放を訴える戦姫だが、
まだ対価は足りずペニス型触手に処女穴を穿たれてしまう……。

『悪食の代償』
by ササマシン
スゴ腕ハンター(自称)のキキ。
しかしこの日はろくな獲物がおらず、
収穫はお金になるかもあやしい触手モンスターの腕一本だけ。
さらに帰り道、空腹に耐えかねたキキはその触手を食べてしまった。
──夜、拾い食いを妹のミミに咎められ反省するキキに急な腹痛が。
彼女のお腹の中で再生した触手モンスターが脈動しはじめたのだ。
身体を貫通し、アナルと口の両方から飛び出した触手は、性器からまたキキの体内に侵入。
子宮をも触手で埋め尽くして、キキを魔悦の海へ沈めていく。
そして姉の奇声を聞いて様子を見にきたミミにまでも触手の魔の手は伸びる。

表紙イラスト:わらしなママ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「二次元コミックマガジン 触手ニ寄生サレシ乙女ノ躰Vol.2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!触手寄生

2018年02月07日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

さまざまな女の娘が触手に寄生されて陵辱される作品集です。

マイナーな触手寄生をそれぞれしっかり描かれているのが魅力です。
それぞれにこだわりポイントが違うのも特徴です。

触手系が好きな方にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

体に入ってイカせ続ける

2017年08月03日  

このレビューは参考になった×0人

女性が触手に寄生される作品集です。
寄生といってもあまりグロい物ではなく、体に入ってイカせ続けるような感じです。
触手好きの方や寄生好きの方
あとは出産させられ続けるような作品が多いので苗床好きの方にもオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]