電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 姫られた嗜み【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

1週間後にお見合いを控えたアイリ姫は、家庭教師のグレンにその旨を告げるも、
彼は、立派な淑女になるための特別授業を行うと言い出す。
しかしその真意は、催眠術によりアイリ姫の常識を書き換え、
彼女の口を精液嗜好の口便器に開発することだった。
お見合いの前日、ついに口マ○コの疼きを我慢できなくなったアイリ姫は
自らグレンの元に出向き、彼の極太ペニスをしゃぶらせて欲しいと懇願しまくり!

※『二次元コミックマガジン 口便器ヒロインズ 可憐なおクチは生オナホVol.1』に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ100017
ファイル名/ファイル容量
BJ100017.zip / 6.86MB (7193213Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「姫られた嗜み【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件