電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 発情スイッチ > 発情スイッチ2~椎名はづきの場合~【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年02月11日
シリーズ名発情スイッチ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数19
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではブラウザ視聴のみの対応となります。 ブラウザ視聴について ]

作品内容

強制発情即ハメエッチ第2話!

どんな女も一瞬で発情させるツボ押し技術を持つゲス男、押尾坪八。
いつものように街で見かけた女子校生に声をかける坪八だったが、彼氏に返り討ちにされてしまう。
絶体絶命の中、本屋の娘椎名はづきの機転で難を逃れ手当を受ける坪八。
恩人のはづきへと狙いを定めマッサージと称し発情スイッチを指圧すると、
処女でありながら大量の愛液を溢れさせてしまう。
自らペニスをねだり見知らぬおっさんに処女を捧げ、
初セックスでヨガり狂うはづきだったが、父親が帰ってきてしまい――。

※『コミックアンリアル Vol.61』に掲載されている作品です

作品情報/動作環境

作品番号
BJ099142
ファイル名/ファイル容量
BJ099142.zip / 12.83MB (13453634Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「発情スイッチ2~椎名はづきの場合~【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件