電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > キュウビ様とぼく【単話】

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年02月08日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数19
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ショタ狐っ子と残念系お姉さん狐っ娘のオネショタいちゃラブH!

村で産まれた女の子を贄として得ることで、村を守る神様――“キュウビ様”。
今日もひとりキュウビ様の元へと少女が連れられてきたのだが、その子は男の子だった。
村で役立たずの烙印を押された彼に同情、共感したキュウビ様は少年のペニスを扱き、咥え込む。
口内に勢いよく射精されたキュウビ様は男の子に奉仕をさせると彼の童貞を貰い受ける。
激しく身体を打ち付けあう二人は嬌声を上げながら同時に絶頂を迎えて――。

※『コミックアンリアル Vol.61』に掲載されている作品です

作品情報/動作環境

作品番号
BJ099137
ファイル名/ファイル容量
BJ099137.zip / 11.02MB

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「キュウビ様とぼく【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件