電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ケンタウロスはひとりじゃデキない > ケンタウロスはひとりじゃデキない 後編【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年01月09日
シリーズ名ケンタウロスはひとりじゃデキない
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数25
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ケンタウロス娘の淡く淫らな恋物語、完結編!

学園で唯一のケンタウロス娘である如月遥。
陸上部のエースで成績も優秀、まさしく完璧超人な彼女は同じ部活の先輩に恋心を抱いていた。
しかし、同級生の屋代に弱みを握られ処女を奪われた挙句、毎日身体を弄ばれることになってしまう。
頭では拒絶していても身体は反応してしまい、次第に屋代に責められる快感を欲してしまうようになった遥。
ある夜、神社にて屋代と会う約束をした遥だったが、そこは先輩のジョギングコースで……。

※『コミックアンリアル Vol.62』に掲載されている作品です

作品情報/動作環境

作品番号
BJ099099
ファイル名/ファイル容量
BJ099099.zip / 19.46MB (20403315Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ケンタウロスはひとりじゃデキない 後編【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件